抗体検査と予防接種(自費診療)

お知らせ
肺炎球菌ワクチン「プレベナー」について

2020年5月より、65歳未満の方でも、肺炎球菌による疾患に罹患するリスクが高いと考えられる方、また医師が必要と認めた場合に年齢制限なく接種可能となりました。

肺炎球菌による疾患に罹患するリスクが高いと考えられる者とは

以下のような状態の方が該当します。

  • 慢性的な心疾患、肺疾患、肝疾患又は腎疾患
  • 糖尿病
  • 基礎疾患若しくは治療により免疫不全状態である又はその状態が疑われる者
  • 先天的又は後天的無脾症(無脾症候群、脾臓摘出術を受けた者)
  • 鎌状赤血球症又はその他の異常ヘモグロビン症
  • 人工内耳の装用、慢性髄液漏等の解剖学的要因により生体防御機能が低下した者

当院で検査可能な抗体検査

EIA(IgG)法

麻疹 EIA(IgG)法3,000円
風疹 EIA(IgG)法3,000円
水痘・帯状疱疹 EIA(IgG)法3,000円
ムンプス(流行性耳下腺炎)EIA(IgG)法3,000円

HI法、CF法

麻疹 HI法2,000円
風疹 HI法2,000円
水痘・帯状疱疹 CF法2,000円
ムンプス(流行性耳下腺炎)HI法2,000円

医療従事者向け

麻疹・風疹・水痘・帯状疱疹・ムンプス EIA(IgG)法 セット10,000円
麻疹・風疹・ムンプスHI法(水痘・帯状疱疹はCF法)セット6,000円

当院で接種可能な予防接種

小児予防接種(定期予防接種)

麻疹風疹混合ワクチン2期(MR)
日本脳炎ワクチン

成人予防接種

麻疹風疹混合ワクチン(MR)9,500円
日本脳炎6,000円
ムンプス(おたふく)ワクチン6,000円
水痘・帯状疱疹(生ワクチン)8,000円
B型肝炎ワクチン
(十分な免疫を得るのに1か月後、6か月後の3回接種が必要となります。)
5,000円
肺炎球菌ワクチン
名前ニューモバックスプレベナー
肺炎球菌の莢膜の型23種類13種類
特徴広範囲をカバーできる高い免疫力と持続力
接種間隔5年ごと(長期の免疫記憶効果なし)一生に1回(長期の免疫記憶効果あり)
接種方法定期接種(公費助成あり)
任意接種(自費)
任意接種(自費)
料金表 当院任意接種(自費)8,000円任意接種(自費)10,000円

65歳を過ぎると、肺炎に罹るリスクが高まります。

肺炎球菌は肺炎の中で最も比較的多い原因菌として知られています。また、インフルエンザやウイルス感染から2次感染として肺炎球菌に罹りやすくなります。このような感染症の予防のために、65歳を過ぎたら肺炎球菌ワクチンを接種することが非常に重要となります。

2種類の肺炎球菌ワクチンの使用が可能です。

現在、日本では65歳以上の方で、定期接種費用の一部を公費で負担できる23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックス)と、任意接種の沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン(プレベナー)の2種類の肺炎球菌ワクチンの使用が可能です。

ニューモバックス

23種類の血清型に対応しており、定期接種(65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳)または任意接種が可能です。5年経つと効果が弱まるので、5年ごとの接種が勧められています。

プレベナー

13種の血清型に対応しており、任意接種が可能です。ニューモバックスと異なり、プレベナーは一度接種すれば身体に免疫記憶がつくので、1回の接種のみで構いません。成人では筋肉注射で接種します。

お問い合わせ

ご不明な点はTEL 058-230-8088までお問合せ下さい

ページトップへ
文字サイズ